実写映画『銀魂』大ヒット記念!『新訳紅桜篇』『完結篇 万事屋よ永遠なれ』期間限定で見放題!

実写映画『銀魂』大ヒットを記念して、レンタル作品として販売しておりました
『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の2作品が月額見放題の対象になりました!

実写映画と一緒に劇場版アニメ2作品もご覧いただき、夏は『銀魂』一色で過ごしてみてはいかがでしょうか!?
見放題期間は8月11日(金)12:00~9月10日(日)11:59まで!
お見逃しなく!!

期間中、『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の2作品をご視聴いただいた方に、特製モバイルバッテリーをプレゼント!!!
■応募方法■
9月10日(日)11:59までの期間中、見放題対象となった『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』をご視聴いただき、応募フォームからご応募ください。
※9月10日(日)11:59までの期間中、見放題対象となった『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の視聴をしていただいた方が対象です。

応募期間:2017年08月15日(火)11:30~9月10日(日)11:59
抽選人数:1000名様

ご応募はこちらから
※応募には「あにてれ」の有料会員登録(月額700円)が必須です。



ご視聴は下記から

『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』

※ご視聴には「あにてれ」の定額視聴契約が必須です

新規会員登録はこちらから

無料会員登録済みで、有料会員登録がまだの方はこちらから

期間限定 見放題!①『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』
観客動員87 万人、興行収入10億円を突破した大ヒットTVアニメ『銀魂』初の劇場版!
シリーズ屈指の人気エピソード「紅桜篇」を新たな解釈で描いた、第1作目の劇場作品を見放題でお届けします。



『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』あらすじ
江戸時代末期、江戸の町を襲来したのは、黒船ではなく宇宙船だった。
宇宙からやってきた最強の侵略者・天人(あまんと)を前になす術のない幕府。
だが、そんな国を憂い、圧倒的な劣勢のなかでなお臆することなく戦い続ける志士たちがいた。
桂小太郎、高杉晋助、そして白夜叉の異名で恐れられた侍・坂田銀時。
だが、数年に及ぶ死闘の末、彼らは友を失い、師を失い、戦い敗れて“国”を失った。
生き残った銀時は万事屋を営み、桂は身を潜め攘夷活動を続け、
高杉は幕府や天人の支配の破壊を企む。さらに高杉は銀時・桂へもその刃を向ける。
ある日、江戸の町に一人の辻斬りが現れ、その凶刃によって桂が姿を消す。
男のもつ、生きたように脈を打つ妖刀“紅桜”・・・人工知能を持ち、
使用者に寄生して戦闘データを蓄積し進化する悪魔の兵器。高杉は、
最強の戦闘集団・鬼兵隊を復活させ、“紅桜”を擁して動き出したのだ。
桂の相棒・エリザベスの依頼を受け桂の捜索に動き出す銀時・神楽・新八の万事屋メンバー。
桂の行方は?そして、銀時とかつての盟友・高杉との因縁の対決に決着はつくのか!?


期間限定 見放題!②『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』
劇場版として2作目となった本作は「完結篇」と銘打たれ、満を持して原作者・空知英秋が自らストーリーとキャラクターデザインを担当。
大ヒットとなった、第2作目も見放題で解禁!期間限定なのでお見逃しなく!!



『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』あらすじ
“ある力”によって、唐突に自分のいない未来の世界に投げ出された銀時は、崩壊した江戸の町並みを目の当たりにする。
荒れ果てた地球に残されたのは、貧しい者、これを機に政府を潰そうとする攘夷志士、法の緩みを利用するゴロツキども、そして、ケツまくって逃げるのが性に合わない頑固者だけ。
さまよう銀時は、ふたりの若者に出会う。
腰に差す洞爺湖の木刀で颯爽とゴロツキを蹴散らすメガネの青年。
そして、巨大な犬を引き連れ、銀時の着流し模様をあしらったチャイナ服の美女。
それは、成長した新八と神楽の姿だった。
やがて銀時は、次々と変わり果てた未来の姿と、衝撃の事実を目の当たりにする。
――時代は移り、世界は変わっても、“変わらないもの”が、きっとある。


観客動員200万人、興行収入は累計28億円を突破!大ヒット上映中!!
あの週刊少年ジャンプの看板コミック『銀魂』がついに実写化!
舞台は、黒船でなく宇宙人によって鎖国を解かれたパラレルワールドの江戸末期。
SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観の中、抱腹絶倒の原作ギャグに、
「勇者ヨシヒコ」の福田監督ならではのパロディ&アドリブネタが上乗せされ、
全編通じてギャグとシリアスが変幻自在に駆け巡るーー
全く新しいジャンルの映画の誕生だ!

まだ観てない人も、すでに観た人も劇場でお待ちしております!
映画『銀魂』公式サイト





©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
©空知英秋/劇場版銀魂製作委員会